読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き方 ~人間として、一番大切な事~

自分自身に足りないもの。

「有意注意!」「思って、思って、思い続けること!」「原理原則の遵守」

「人生の結果=能力×考え方×情熱」の考え方、

「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」など多数ありました。

・常に前向きであること。

・感謝の心をもち、いっしょに歩もうという協調性を有していること。

・明るく肯定的であること。

・善意に満ち、思いやりがあり、優しい心をもっていること。

・努力を惜しまないこと。

今さら当たり前の事だとは思いしたが、仕事をする、生きていく上で確かに大切な心構えだと再認識できました。これを常に意識し、一貫性を持って実践ができるかどうか、自分の課題に愚直に取り組んでいきます。不可能を可能にするために、強烈に自分自身に思うことの大切さも再認識できました。

特に、考え方を変えれば人生は180度変わる。今までの課題本でもそうでしたが、まずは自分に矢印を向け、自分自身が変わらないと何も変わらない!

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力。

 

~心を磨く六つの精進~

①だれにも負けない努力をする。  ②謙虚にしておごらず。

③反省ある日々を送る。      ④生きていることに感謝する。

⑤善行利他行を積む。       ⑥感性的な悩みをしない。

自分自身まだまだ能動的に仕事をしていないと思いました。

「ど真剣に生きる」ことの大切さ、心を磨き高め、よい考え方を習得し、よい生き方をしたいと思いました。

「ありがとう」と「ごめんなさい」を素直に心に浮かべる、そういう心がとても重要だと考えました。正直照れくさく思い斜に構えて来たこともありました。その大切さを知る事が出来ました。

この六つ精進で、日々の業務に取り組みます。